2008年09月07日

デキるビジネスマンとは☆

エルピータメモリの坂本社長は、新人時代に残業
しなくて済むように、いかに早く仕事を片付ける
かを考え続け、そのスピードが上層部の目に
止まり、抜擢を受けたのが成功のきっかけだった
そうです。

やる気はある!!そして一生懸命やっているのに、
なぜか仕事が片づかない、成果が出ない。。

周囲の人はみな要領よく効率的に仕事をテキパキ
こなしていて、ますます焦ってしまう。
問題解決などはるか彼方。。

というビジネスパーソンもいるのではと思います。

仕事が遅いというのはビジネスマンとしては、
致命的な欠点ですが、このような人たちの原因は
どこにあるのでしょうか??

NHKにも登場したある仕事のザ・プロフェッショ
ナルの人は「仕事が遅い人たちの根本原因は、
目的がないことだ」と分析しています。
要は仕事に流儀がないのです。。

ちなみに仕事が遅い人にもいくつかの種類がある
ようです。

目的を見失い、手段がいつしか目的と化してしまって
いる人、優先順位をつけられない人、そして
不必要なことを考えてムダに時間を過ごしてしまう
人などでそうです。

例えば手段が目的となっている人にありがちなのは、
仕事の受注を取ることが目的なのに、アポイントを
取るための電話をかけることが目的となっている
パターン・・・

前日より多く電話をかけたことや、企画書の本数に
満足してしまう人たちである。

「優先順位がつけられないのも目的がないことに
起因します。『目的がない』とはつまり、判断基準が
ないということ。当然順位もつけられないですよね。」

これでは頭の中はどうどう巡りで、いつまでたっても
先に進まないのは当たり前です。。

なぜか仕事が遅いという人は、まずは時間を確保
して、今抱えている仕事の最終目的をじっくりと
再確認するのが先決だそうです。。
ノートに書くとなお良いそうです☆

目的がはっきりすれば、そこに到達するためには
どうすればよいのかを人間の脳は自然と考え、
必ず答えを出すようになっているそうです。

ここで注意すべきは、ムダなことを考えないこと。
「ある程度予測して仕事を進めるのも大切ですが、
考えても仕方のないことに時間を費やすのはムダで
しかありません。」とのこと。

仕事をあふれさせないためには、目的を見失わない
ことが何よりの秘訣なのだそうです!!

常に『自分は一体、何のためにこの仕事をしている
のか??』を熱く自分に問いかけることが大切です。
posted by まさおくん♪ at 23:21| 東京 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。