2008年09月30日

ルイ・ヴィトンの魅力と歴史(LOUIS VUITTON)♪

ルイ・ヴィトン.jpg

先日、銀座の街をブラブラしたら、道行く女性の多くがヴィトン
のバックを持っているのが目について、改めて日本人のヴィトン
好きを実感しました。。

事実、ルイ・ヴィトン(LV)のバッグは多くの女性の憧れで
あり、実際に数多くのヴィトン・マニアが存在しますからね。。

実はルイ・ヴィトン社の売上高約1000億円のうち日本での
売上が30%、海外で日本人旅行者が買う35%を合計すると、
なんと65%のヴィトンが日本人の手に渡っているそうです!!
これは驚きですね。。日本人はやはりかなりのブランド好きの
ようです。。

ルイ・ヴィトンの歴史を紐解きますと、、パリに店を出したのが
1854年。。
当時は旅行用の鞄店としてキャンバス地に防水
加工をしたトランクが評判になったそうです。。
その時代のヘビーな馬車の旅にはその頑丈さが
ピッタリだったようです☆

当時からヴィトンは有名人に愛され、すでに偽物まで出回った
そうで、そのため現在のLVと星花柄のパターンのモノグラムを
商標として使うことになったそうです。。

創業時から現代まで150年以上も続いている
ルイ・ヴィトンの魅力は、このLVのモノグラム
のお洒落さに多くの女性を虜にする魔力が
秘められているような気がします。。

そしてヴィトンのアトリエを実際に訪ねることで
その本当の魅力を知ることができるそうです。。
そこで働くクラフトマンは神々しく、物作りの
頂点から降りることは決して許されないそうです。。

ルイ・ヴィトンといえば、クオリティが良く、丈夫で
使いやすく完全防水。。革は、柔らかく使えば
使うほど滑皮の色が飴色に変化し味が出てきますからね☆

伝統を守り、その一方で時代に合った素材の開発も
行っているというその孤高の精神がルイ・ヴィトンが
いつまでも輝き続ける理由なのでしょう。。

うーん、、素敵ですねー!!
posted by まさちゃん♪ at 23:21| 東京 🌁| ルイ・ヴィトン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。