2008年10月01日

ブルガリの魅力と歴史♪

ブルガリ.jpg

私の友人は大のブルガリ好きですが、たしかにその
造形美は本当に美しいといつもため息が出てしまいます。。
どうやったらあんな美しいものが創り出せるので
しょうか??

ブルガリを良く知る人は、銀器に優れた技術を
持ったギリシャ人の経営する宝飾店というイメージを
抱くそうです。。

その歴史を紐解きますと〜、、、、
1879年、ソティリオ・ブルガリという優れた
銀器職人が、ギリシャからイタリアに渡ってきました。
やがてその息子2人がジュエリーの創作活動を
始め、色の美しいボリューム感のある『ブルガリ
スタイル』を完成させたそうです☆

1950年代にブルガリは見ているだけで楽しく
なる、幸福な彩りを重ね合わせたリングや
ネックレスを初めて創作したそうです。。

そして、アメシストやガーネットやトパーズなど
をいち早くデザインに取り込んだそうです。。

ブルガリの『パレンテシス』と『アルベアーレ』
の、円形と六角形のフェイスを持つ2種類の
時計は、女性の永遠の憧れです♪♪

またゴールドにパヴェダイヤモンドを組ませた
ブレスレットは、アールデコ風の曲線美が
なんとも魅力的なのであります☆

ブルガリは1997年からバッグの製作を始め、
革製品をスタートさせました。。
そしてその後ロゴマーク入りのスカーフも発表
してます!!

ブルガリでは21世紀の女性像を『自由奔放』
と考えているそうです。。

そんなさっそうとした女性の魅力を一際際立たせる
最高の美がブルガリの素晴らしいところだと思います。。

ブルガリのローマの本店に入ってみると、左手が
銀器のセッションで、『ミュージアム』とも
呼ばれているそうです。。
そして右手がジュエリーのお部屋です。。
そして中央の廊下は大きな大理石とアメシストの
コラムが並んでいるそうです。。

ぜひ一度行ってみたいですね。。
【関連する記事】
posted by まさちゃん♪ at 00:56| 東京 🌁| ブルガリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。