2008年10月02日

トマトのリコピンの効果♪

トマト.jpg

男性の不妊にはトマトがいいと聞いたことが
あります。。どうなんでしょうか??

さてそれは別にしてトマトは素晴らしい食材だそうです。。
赤い色を作っているリコピンさんが素晴らしい働きをするそうで。

なので今日はトマトについて語ります!!笑
トマトのルーツは南米のアンデス高原で、15世紀にコロンブス
によってヨーロッパに持ち込まれたそうです。。
日本に渡ったのは明治時代で、本格的な
食材として食卓に登場したのは戦後だそうで。。

栄養面の特徴は、ビタミン、ミネラル、食物繊維
がバランスよく含まれていること。。

中でもリコピンという物質は、悪玉コレステロール
の酸化を予防するなど、活性酸素に対して、大きな
効果を発揮することで知られているそうです。。

ベータカロチンの2倍、ビタミンEの100倍もの
抗酸化力を持っており、ストレスや喫煙、飲酒などで
体内に増えた活性酸素を除去してくれる。。

さらにメラニンの生成を促す活性酸素を取り除いて
くれるので、シミやソバカスの予防にもなるそうです。。

トマトが赤くなればなるほどリコピンの量が増えるため
栄養面を考えて食べるなら、完熟トマトがいいそうです。

トマトの国民一人当たりの摂取量が一番多いのがギリシャ
だそうですが、ギリシャは他のヨーロッパ諸国と比べて
心臓や血管の疾患による死亡が少ないというデータも
あるそうです。。

昔から西洋には『トマトが赤くなると医者が青くなる』
ということわざもあるそうですので、末永い健康を
考えて、トマトをもっと積極的に食べていきたいと
思います!!

posted by まさちゃん♪ at 20:13| 東京 ☁| トマト リコピン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。