2009年05月18日

アロマセラピーで頭痛を解消しよう☆

アロマ.jpg

『アロマテラピーで頭痛を和らげよう!!』

頭痛のタイプは、片頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛の
3つに分けられます。
一時的な頭痛には、ペパーミントや真正ランダーの
精油(エッセンシャルオイル)を薄めて、首筋や
こめかみに塗って軽くマッサージをします。

ペパーミントの精油を浴槽に入れて、入浴する方法も
あります。
体をリラックスさせ、血行を良くすることで頭痛の
解消に効果があるのです。

片頭痛には、中枢神経に作用するローズマリー・
カンファーの精油とペパーミントの精油のブレンドを
用いて頸部やこめかみに塗るととてもよく効くそうです。

ペパーミントはクレオパトラの時代から愛されてきた、
さわやかで清潔感のあるポピュラーな香りで、肌や心に
刺激を与えます。
ローズマリー・カンファーはユーカリとラバンジンを
足して2で割ったようなツンとする刺激的な甘い香りで、
若返りのハーブとしても有名なのです。

ではなぜアロマセラピーに頭痛の鎮静作用があるのかといい
ますと、最近の研究では、精油は呼吸にともなって、鼻や口、
皮膚から血管に入り、脳やさまざまな臓器に作用することが
分かってきたそうです。
したがってただよい香りを嗅いで気分がよくなるといった
ものではないそうなのです。

アロマセラピーの歴史は古く、エジプト人は紀元前3000年
頃から、芳香植物をオイルに漬け込んだものを、治療や儀式の
さいに薫香としてたいていたそうです。
日本では『ゆず湯』などがそれにあたります。

ぜひ香りの神秘の力を活用して、辛い頭痛を少しでも解消して
頂ければと思います☆
posted by まさちゃん♪ at 21:18| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。